沿革

1984年 2月
ドイツ企業であるSvenson-Unternehmensbeteiligungs‐GmbHのローランド メリンガー社長が、東京都港区赤坂7丁目にあるドイツ文化会館内に日本法人の「スヴェンソン」を設立。
1985年 9月
スヴェンソン代表取締役社長に兒玉圭司が就任。
1991年 6月
全社員が一同に会す「全体ミーティング」を初開催。
1992年 10月
Kerling International Haarfabrik GmbHが参画。
1998年 1月
全社員参加のボランティア活動を開始。以後、年2回(1月、7月)実施。
2000年 9月
株式会社じゃねっとがグループに参画。
2000年 10月
本社オフィスをドイツ文化会館から現在の三会堂ビルに移転。
2003年 4月
スヴェンソン レディス事業部を新設。医療用ウィッグの販売に本格参入。
2006年 4月
通販ショップ「髪染め専門店レフィーネ」OPEN。 ヘアケア商品「レフィーネ」発売開始。
2009年 12月
ヤマト卓球株式会社がグループに参画。
2011年 4月
PTアカルワンギを設立。
2013年 12月
株式会社スリーブイがグループに参画。
2014年 10月
株式会社タクティブを設立。
2015年 10月
取締役副社長 兒玉義則は、10月1日付けで代表取締役社長に就任。代表取締役社長 兒玉圭司は、同日付で代表取締役会長に就任。
2017年 4月
株式会社スヴェンソンスポーツマーケティングを設立。
卓球男子日本代表 丹羽孝希選手と所属契約を締結。
2017年 9月
ヤマト卓球が株式会社VICTASへ社名変更。
2017年 9月
株式会社OEMがグループに参画。
2018年 4月
持株会社体制への移行に伴い株式会社スヴェンソンホールディングスを設立。